山吹日記

趣味や日々の生活をまとめていきます。

MENU

Twitter防災術!

こんにちは!

近年はゲリラ豪雨地震等、異常気象が日常茶飯事になっていますね。災害時に際しては、デマなどに惑わされず、正確な情報を素早く入手して、自己の判断で行動に移すことが求められます。

皆さんは、停電や屋外にいる際、テレビやラジオが使用できない場合にどのような手段で情報を入手していますでしょうか?

今日は私が普段使い用アカウントで使用している、Twitterを活用した防災術について記載していきます。

1.Twitterアカウントを取得する。

まずはTwitterのアカウントを取得します。 下記のURLから登録して、アカウントを作成してください。

https://help.twitter.com/ja/using-twitter/create-twitter-account

アカウントを持っている人は次に進みましょう!

2.リストを作成する。

それでは、本日の主要項目であるリスト作成についてです。ここでは、新規リストの作成方法をご説明いたします。なお、説明に使用するスクリーンショットについてはiOSのアプリを使用しています。

2-1.タイムラインからプロフィール画像をタップする。

f:id:yamabuki61gou:20210915221345j:plain

2-2.サイドバーからリストをタップする。

f:id:yamabuki61gou:20210915221814j:plain

2-3.リストを開いたら、右下の青いボタンをタップ

f:id:yamabuki61gou:20210916210046j:plain 新規リスト作成になります。

2-4.名前を決めて決定をタップ

f:id:yamabuki61gou:20210916210130j:plain

2-5.次にリストに登録するアカウントを検索

f:id:yamabuki61gou:20210916210214j:plain 赤字の部分に検索ワードを入力します! 今回はNHKと入力しました。 f:id:yamabuki61gou:20210916210307j:plain 追加したいアカウントの「追加する」ボタンをタップ! 元のページに戻ると、先程追加したアカウントがページ下部に表示されます。 f:id:yamabuki61gou:20210916210521j:plain この要領で、災害時に有用な情報を発信してくれそうなアカウントをどんどん追加しましょう!

f:id:yamabuki61gou:20210916210744j:plain 一通り追加しました。現在このように表示されているはずです。 f:id:yamabuki61gou:20210916210741p:plain これでリスト作成は完成です!お疲れ様でした。

3.リストを編集する

リストを運用していると、「あれ、このアカウントなんか違うな…。」とか「このアカウント必要だったー!」と気がつく時が来ると思います。そんな時は、これからお教えする要領でリストを編集してより自分好みに進化させましょう!

赤く示した、「リストを編集」をタップ f:id:yamabuki61gou:20210916210746j:plain

「メンバーを管理」をタップ f:id:yamabuki61gou:20210916211452j:plain

3-1.メンバーを削除

アイコンの右側にある「削除」ボタンにより、リストに登録されているアカウントを削除することが可能です。 f:id:yamabuki61gou:20210916210748p:plain

3-2.メンバーを追加

「メンバーを管理」をタップすると右側に出てくる「おすすめ」と言うタブをタップ f:id:yamabuki61gou:20210916211831j:plain 2-5項で記述したようにキーワード検索をすることが可能になります! f:id:yamabuki61gou:20210916211909p:plain

以上がリストの作成、編集の流れになります。 Twitterのリストはタイムラインとは違い、自分の好きな時にだけ確認することができます。地震などが起こった際にはテレビよりも早く情報を得ることができてとても便利です!

次はおすすめのアカウントなどを紹介できればと思います!

それでは本日もありがとうございました!!

朝霧に浮かぶ笑顔は祖母の愛

今週のお題「好きなお茶」

こんにちは!

今日は久しぶりに今週のお題について書いていこうと思います。

以前も書いた通り、私は社会人になるまでの22年間を実家で生活していた。 実家は2世帯住宅で、父方の祖父母が1階に住んでおり、私たち家族はその上の階で生活をしていた。この構造上、家の玄関を通る際には必ず祖父母の部屋の前の廊下を通ることになり、出かける際には祖父母の生活する居間の扉を開けて挨拶をしてから出かけるのが我が家の決まりのようになっていた。

初めて急須で淹れたお茶お飲んだのは小学生の頃だったと覚えている。 小学生の頃、小学校までバスで通っていた私は、友達と遊ばない日には決まって祖父母のいる居間に顔を出し、出してもらったお茶菓子を食べながら学校での色々な話をするのが習慣になっていた。

そしていつしか、急須で淹れたお茶も一緒に出るようになった。きっかけは、祖父がお茶を飲んでいる湯呑がヒスイ色であんまり綺麗で、その中に入っている澄んだ緑色の液体に心を奪われたからだった。

初めて緑茶を飲んだ時、最初に苦味を感じた後、爽やかな甘みを感じた。これまでも美味しく感じていた甘いまんじゅうや、少し塩辛い草加せんべいをより楽しめるようになった。

この日から、祖父が使っていた湯呑は私のものになった。小学校から帰ると一目散に居間に行き、ランドセルを放り投げてお茶を飲みながら色々な話をした。祖母はいつも笑顔だった。祖父は無口な人だったけれど、昔話をよくしてくれた。3人で笑いながら飲むお茶が大好きだった。

中学生になり、祖父と喧嘩をした時も居間には通っていた。祖父がいる時は立ち寄らなかったけれど、祖母とは相変わらず話していた。

喧嘩してから2週間ほど経ったある日、祖父がアケビを取ってきて私の前に置いた。「この前はごめん。」思えば、私はこの頃から人に謝るのが苦手だった。きっと祖父も同じなのだろう。きっかけを作ってくれたのだ。 それを見て祖母は微笑みながら「お茶淹れようね」と言って緑茶を出してくれた。初めて食べるアケビと一緒に飲んだお茶はお世辞にも合っているとはいえなかったけど、それ以上に和解できたことが嬉しくてたくさん飲んだ。

私が成人した後は、夕方頃からお茶を飲み、日が暮れたらそのまま酒を一緒に飲むことがあった。祖父は酔うと良く太平洋戦争中の話をしていた。疎開先であり、寺だった祖父の実家には、多くの子供が都会から疎開して来たという。東京大空襲で空が赤く燃えるのを、寺の屋根から見ていたと言う話は何度も聞いた。 祖母はそんな私たちを見ながら、「またそんな話してー。」と祖父をいなしていた。今思えば、もっとたくさんの話を聞いておけばよかったと悔いが残る。

半年後、祖父は死んだ。末期癌だった。

9月頃に腰の痛みを訴えていたが、頑なに病院に行くことを嫌がった。痛みがどうしようもなくなり、1月頃に病院に行った際に余命宣告を受けた。桜が散る頃まで待つかとのことだった。3月頃、祖父は腰を強打して寝たきりになった。祖父とはもうお茶を飲めなくなったが、祖母とはよくお茶を飲んでいた。

6月。病院に入院する前日に祖父は死んだ。病院嫌いの祖父らしい最後だった。

茫然自失だった祖母にお茶を淹れて話を聞いた。苦いお茶だった。

1年も経つと祖母も吹っ切れて、いつも通りの日々が戻った。やはり祖母の淹れる緑茶は美味しかった。

さらに1年後、私が家を出る日がやって来た。 前日に飲んだお茶はやはり少し苦かった。「元気でね。」「ご飯食べるんだよ。」「いつでも戻って来ていいんだからね。」祖母の言葉が暖かかった。

就職して九州にいた時は大体3ヶ月に1回ほどのペースで実家に帰り、その度にお茶をもらった。久しぶりに飲むお茶はとても美味しくて、ついつい長話をしてしまった。

福島県に異動してからは月1回ほどのペースで帰っていた。相変わらず美味しいお茶だった。 そして岩手県で暮らす今。一度もお茶を飲めていない。

通勤途中に草原に浮かぶ朝霧を見ると、ヒスイ色の湯呑みから上がる湯気越しに見た祖父母の笑顔を思い出す。

元気だといいな。早く会えるようになりたいな。そう思いながら、今日も仕事に勤しんでいる。

また会う日のために茶飲み話を探しながら。

盛岡市動物公園ZOOMOで山歩き

こんにちは!

 

今回は先日お邪魔した盛岡市動物公園ZOOMOの様子について書いていこうと思います。

 

1.盛岡市動物公園ZOOMOとは

盛岡市動物公園ZOOMO(以下ZOOMO)は、岩手県盛岡市に所在する1989年に開園した動物園です。

https://zoomo.co.jp

入園料は高校生以外500円、その他は無料です!

65種類の生き物を飼育している園内は、丘陵の地形に沿って配置がなされています。

雰囲気は、東京都の多摩動物公園に近いですね!

アクセスは盛岡駅から車で20分、バスで40分ほどの所要時間です。駐車場も多く、満員になることはほとんどないでしょう。

今後改修工事が控えており、令和3年9月28日までの公開となります。再開園は令和5年春になる予定です。

 

2.園内の様子

案内の地図になります。

丘陵を蛇行しながら下っていくと終点であるアフリカ園へ1本道で行くことができます。

f:id:yamabuki61gou:20210911103436j:image

坂を下るとゲートがあります。

この坂が地味にきつい…笑
f:id:yamabuki61gou:20210911103510j:image

入門してすぐにニホンザルがお迎えしてくれました。
f:id:yamabuki61gou:20210911103453j:image

少し進むと日本生態園です。里山で身近に見ることができる生き物が多く配置されていました。展示エリアに植栽が多く、動物本来の姿や行動を観察できるような工夫がされていると感じました。動物エンリッチメントを掲げている動物園なだけある!と言った感じです。

こちらはホンドテン。テンといえば白い冬毛が広く知られているかと思いますが、夏毛は野山に混じるような茶色です!私も初めてみて興奮しました。寝顔が可愛いですね。

f:id:yamabuki61gou:20210911103504j:image

お馴染みのホンドタヌキ。

普段は道路の脇から顔を覗かせる存在ですが、こうしてマジマジと見ると可愛い顔立ちをしていますね。もふもふ感がたまりません。
f:id:yamabuki61gou:20210911103512j:image

こちらはホンドキツネ。

キツネを野外で見たことはありませんが、キャンプ場などでみられたらいいなぁ…。当日はご飯のトウモロコシを加えて疾走していました。
f:id:yamabuki61gou:20210911103441j:image

妻が撮影したショットです。可愛い。
f:id:yamabuki61gou:20210911103517j:image

ニホンイノシシです。ぐっすりとおやすみ中でした。野外で見る彼らはなかなか凶暴そうなのに、この子は柔らかい雰囲気ですね。
f:id:yamabuki61gou:20210911103438j:image

カナダカワウソ。現在ZOOMOではオスメス合計2頭のカワウソがおりますが、10月にオスのリッキーが故郷である釧路市動物園に里帰りするそうです。

こちらはメスのカエデかな?
f:id:yamabuki61gou:20210911103450j:image

ピューマ。寝ていてもわかる怖さ。寝ている動物を見られるのも動物園の楽しみですね。
f:id:yamabuki61gou:20210911103458j:image

ニホンカモシカ。かなり広い(小学校の200メートルトラックくらい)スペースに1頭だけ飼育されていました。仙人のような雰囲気でこちらを見下ろしていました笑
f:id:yamabuki61gou:20210911103501j:image

こどもどうぶつえんの牛です。やや高齢個体なのか腰骨が浮き出ていましたが、人間に興味を持っているのか近づいてきてくれました。
f:id:yamabuki61gou:20210911103433j:image

ラマ。キメ顔がカッコいい?ですね。

f:id:yamabuki61gou:20210911103455j:image

エミュー。佇まいは本当に恐竜のようです。太鼓のような音を鳴らしていました。
f:id:yamabuki61gou:20210911103520j:image

f:id:yamabuki61gou:20210912084800j:image

アカカンガルー。何をしているかは書きませんがお察しください。繁殖にも期待が持てそうですね!!!個体数も多く、賑やかな雰囲気でした。

f:id:yamabuki61gou:20210911103515j:image

アフリカ園のアフリカゾウ。人間の子供が好きなのか、常に子供の方を向いていました。花を上手に使って干し草を食べており、歓声が上がっていました。
f:id:yamabuki61gou:20210911103507j:image

ライオン。寝ているだけでかっこいいですね。20秒間くらい大あくびをしていたのですが、カメラの起動が間に合いませんでした…。
f:id:yamabuki61gou:20210911103447j:image

ダチョウ。ダチョウといえば、高村光太郎の以下の詩が有名ではないでしょうか?

 

何が面白おもしろくて駝鳥(だちょう)を飼うのだ。 動物園の四坪半のぬかるみの中では、 脚(あし)が大股過ぎるぢ(じ)ゃないか。 頚(くび)があんまり長過ぎるぢゃないか。 雪の降る国にこれでは羽がぼろぼろ過ぎるぢゃないか。 腹がへるから堅パンも喰ふだら(ろ)うが、 駝鳥の眼は遠くばかり見てゐ(い)るぢゃないか。 身も世もない様に燃えてゐるぢゃないか。 瑠璃(るり)色の風が今にも吹いて来るのを待ちかまへえてゐるぢゃないか。 あの小さな素朴(そぼく)な頭が無辺大の夢で逆さかまいてゐるぢじゃないか。 これはもう駝鳥ぢゃないぢゃないか。 人間よ、 もう止せ、こんな事は。

出典:青空文庫(https://www.aozora.gr.jp/cards/001168/files/56694_55474.html)

 

悲しい詩ですが、ZOMOOのダチョウには当てはまらないようです。サッカーコート程のスペースに、同じくアフリカ出身のシタツンガ2頭と暮らしていました。

f:id:yamabuki61gou:20210912092437j:image
f:id:yamabuki61gou:20210912092440j:image
タツンガ。アフリカ原産の鹿のような生き物です。実は、ニホンシカよりもホルスタインなどの牛に近い仲間になります。
f:id:yamabuki61gou:20210911103430j:image

キリン。説明不要の大きさですね!ZOMOOの最奥に配置されていました。ZOMOOでは、キリン舎の30m程奥が行き止まりになっており、坂を登って引き返すことになります。
f:id:yamabuki61gou:20210911103428j:image

園内にはシャトルバスが走っており、誰でも利用可能です。

 

3.感想

ZOMOOは、盛岡市内からのアクセスもよく、非常によく整備された動物園だと感じました。特に、動物エンリッチメントの考え方に基づき、どうすれば動物本来の姿を展示することができるのか。を追求した展示方法については関東圏の動物園から抜きん出ているところがあると感じました。これから長い休園期間に入りますが、再開したのちはまた元気な動物たちの姿を見に行きたいと思います!

 

それでは本日もありがとうございました!
f:id:yamabuki61gou:20210911103523j:image

 

 

アクアテラリウムの生態系

こんにちは!

 

今日は設営から1ヶ月が経過したアクアテラリウムの様子について書いていこうと思います!

前回の記事はこちらです↓↓↓↓↓

yamabuki61gou.hatenablog.com

それから、我が家のテラリウム長について紹介していませんでした。

f:id:yamabuki61gou:20210831205727j:image

彼の名前は大福。ベルツノガエルの男の子です。

この1ヶ月間の主な変化は次の通りです!

 

1.大福出土

大福の癖として、引っ越した直後は土に潜るというものがありました。

家を引っ越した3月から5月までずっと土の中に潜り断食生活をしていました。

今回も、大福は新居に入居して一晩で土の中に消えました。

その大福が満を辞して登場したのはそれから10日後のことです。

今では元気にピンクマウスを週に1匹食べています。その他にも、この後述べるように金魚や死んだメダカやエビも食べてもらっています。

雲隠れした大福。土が露出しているところを器用に掘り下げています。

f:id:yamabuki61gou:20210831212602j:image

出土した大福。顔の上のソイルは乾燥していますね。理想としていた環境です。
f:id:yamabuki61gou:20210831212605j:image

 

 

2.メダカ・レッドビーシュリンプの死

ここ3日ほどで白メダカのメスが2匹とレッドビーシュリンプのメスが2匹続けて死んでいます。

原因として考えられるのは次の3つ…。

1.寿命

2.生態系バランスの崩壊

3.餓死

1については見たままですので説明は割愛します。2については、まだ植物やバクテリアを始めとした生態系サイクルが構築できていないため、有毒物質が滞留してしまったことが考えられます。しかし、ここで気になるのはどちらも体の大きいメスだということです。時間がある時に水質などの調査をしてみようと思います。

3についても見たままです。特に、最近はメダカの繁殖を狙って過剰気味に餌をやっているため、やや考えにくいかと感じています。

エッビマヨマヨ

f:id:yamabuki61gou:20210831213058j:image

 

 

3.植物の成長

上でまだ生態系バランスの構築ができていないと書きましたが、そうとはいえ順調に育ってはいます。

ガジュマル

f:id:yamabuki61gou:20210904162429j:image

その他多数(品種名忘れました…)
f:id:yamabuki61gou:20210904162426j:image
f:id:yamabuki61gou:20210904162424j:image

現在使用しているテラリウムソイルには、肥料分が配合されていないため、徒長せずに葉が密集しているのは有機物を獲得できているからだと考えています。

システム的には、大福や水生生物が出した有機物を彼ら植物に消費してもらうことを想定しています。そのため、かなり多めの光量をこちらに割いています。水槽をやっていた時代の名残りが生きていますね。

 

4.滝の風情が止まらない

アクアテラリウムは水生生物の死がありましたが、滝部分は非常に上手く構築が進んでいます。

f:id:yamabuki61gou:20210904162922j:image

ウィローモスとハイゴケをごっちゃにしていますが、お互いに絡み合って非常に強い結束を生んでいます。

また、こちらにはインコ隊長をお迎えしました。

常にこのアクアテラリウムの風紀を監督してもらう存在として重要なワンポイントです。笑

 

 

5.日常の手入れ

日常の手入れはごく簡単です。主に次の2つの作業になります。

5-1.水を追加するために使用している点滴を調整する。

使用している点滴はこちらです。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ラージ ドリッパー ポゴナ・クラブ
価格:2400円(税込、送料別) (2021/9/4時点)

楽天で購入

 

 

点滴の流量を調整しないと、蒸発により水中ポンプが破損してしまいますのでこの作業は毎日行います。

 

5-2.水槽部分の糞をスポイトで吸い取る。

スポイトで水槽部の糞等を吸い取ります。

これもすぐ終わるのでそんなに手間はかかりません。

f:id:yamabuki61gou:20210904163853j:image

この他には毎日魚に餌をやるくらいで世話ができています。

 

 

なかなか手軽にできるアクアテラリウム

皆さんも始めてみてはいかがでしょうか?

 

 

それでは本日もありがとうございました!

最近のベランダ菜園

こんにちは!

 

今日は我が家のベランダ菜園の状況について書いていこうと思います!

我が家(私の中)では現在再生栽培を含め、植物を増やしたい欲が沸き立っているのでなかなかわちゃわちゃしてます。

 

 

1.全体像

f:id:yamabuki61gou:20210829093046j:image

今の全体像はこんな感じです!

手前から大根(死亡)、ゴムの木×2、バジル、パイナップル、スペアミント、山吹×2、ネギとなっています。

基本的な管理はきゅうりと同じタイミングで堆肥をして、ハイポネックス液肥を月1回くらいのペースで上げています!

 

2.再生栽培組

2-1.大根

大根は室内で水耕栽培をして、軌道に乗ったため土に埋めましたが最近の雨にやられてダメになってしまいました…

 

2-2.ネギ

f:id:yamabuki61gou:20210829150843j:image

ネギは再生栽培のものとガチャから入手したものがありますが、再生栽培のものは3個中1つのみ成長しています。

ガチャの方は4個中3個生存しています。

こちらも大雨の影響でしょうか?

 

2-3.パイナップル

f:id:yamabuki61gou:20210829151036j:image

そしてこちらはいたって順調なパイナップルです。

まるでただの観葉植物かのような顔をしてベタランタ菜園のラインナップに顔を連ねています。

このまま冬を乗り越えてもらいたいところ…

 

3.観葉植物

3-1.山吹

実は、6月頃に1度山吹を水切により枯らしてしまいました。しかし、それから水をやり続けたらなんとか今の水準まで成長してくれました。

来年春にまた花をつけてくれる日を待っています。

 

3-2.ゴムの木

ゴムの木は植え替えてからメキメキ成長していて、至って健康な姿になってきました。

 

4.ハーブ類

4-1.バジル

バジルは最近アブラムシやハバチの襲来に遭い、やや低成長気味です。

強剪定して室内に取り込もうか悩んでいるところです。

 

4-2.スペアミント

スペアミントも至って健康です。

ただ、バジルにアブラムシが付いているところから少し不安ではあります。葉山野ざらしで過ごさせるので、冬までは辛抱してもらいましょう。

 

現在のベランダ菜園(きゅうり除く)はこんな感じです。

夏の暑さを超えたら虫の襲来に遭って困っています笑

皆さんの畑はどんな感じでしょうか?

 

それでは、本日もありがとうございました!

 

 

 

 

 

伸びよネギ①

 

こんにちは!

 

今日は、先日から育て始めたネギの様子について書いていこうと思います。

 

 

1.出会い

皆さんは、雑貨屋で売っている「種から育てる日本の薬味」というガチャご存知でしょうか?

ミツバ、大葉、ネギ、鷹の爪、ワサビ菜といった5種類の内1種類の薬味の種と、1号鉢よりも小さいポットと培養土が入っています。

f:id:yamabuki61gou:20210824193659j:image

お馴染みヴィレッジヴァンガードで見かけて妻と飛びつき2つ購入しました。

 

なんと作業中の写真を撮り忘れたため手元にないのですが、セットしたものがこちらになります。

f:id:yamabuki61gou:20210824193645j:image

ガチャのカプセルを被せて保湿するというなんともエコな発送ですね!

 

2.目覚め

その後5日で発芽を確認できました!

f:id:yamabuki61gou:20210824205038j:image

この写真は発芽してから2日ほど経過した写真です。発芽率は80%とのことでしたが、その通りの結果になりました。

基本的な管理は、1日一回の換気と土が乾いた際の水遣りでした。

商品のコンセプト的にはこの段階で食べるそうですが、ネギ大好きな私はまたプランターを増やすことにしました。

 

3.領土拡大

今回使用する幅こちらです!

いつものセットですね!

f:id:yamabuki61gou:20210824205307j:image

3-1.プランター(20リットル)

3-2.野菜の培養土

3-3.鉢底石のかわりです!

鉢底石のかわりです!をセットしたら

f:id:yamabuki61gou:20210824205300j:image

土を投下します。
f:id:yamabuki61gou:20210824205252j:image

ネギは成長に伴ってどんどん土かさを上げて白い部分を作るので、最初は4分目ほどに留めました。

f:id:yamabuki61gou:20210824205314j:image

こちらが引き抜いたネギです。
f:id:yamabuki61gou:20210824205310j:image

とりあえず周りを囲っているネットを外して
f:id:yamabuki61gou:20210824205256j:image

片側に均等に植え付けました。(後々増やすことが予想されたため。)
f:id:yamabuki61gou:20210824205304j:image

植え付けが完了してまた賑やかになりました!
f:id:yamabuki61gou:20210824205317j:image

 

4.成長

f:id:yamabuki61gou:20210824205824j:image

こちらが現在のネギの様子です。

4本あった苗は3本に減りました。

複葉?も出ており、順調に成長していることが見て取れます。

もともと薬味用の品種であり、そこまでの大成長はないかと思いますが行けるところまで成長させたいと思っています!

 

 

それでは本日もありがとうございました!

グリーンカーテン作戦⑦ きゅうりの種取り

 

こんにちは!

 

今回はきゅうりの種取りを実施したので書いていこうと思います!

 

 

1.現在のグリーンカーテンの様子

まずは、現在のグリーンカーテンの様子です。

夏の盛りの酷暑を越えて、7月初旬に比べ黄色い葉が多くなり、終盤戦に入ってきた感がありますね。

f:id:yamabuki61gou:20210821225139j:image

こちらはプランター付近です。
f:id:yamabuki61gou:20210821225145j:image

この株を植えた当初、栄養の生産を一身に担ってくれた葉の老衰には悲しみを覚えずにはいられません。1年草の宿命ですが、生き物であれ植物であれ弱っていく姿を見るのは心に来ますね。


f:id:yamabuki61gou:20210821225149j:image

そんな飼い主をよそに、先端では脇芽が元気に成長中です笑
f:id:yamabuki61gou:20210821225142j:image

枯れるまでに後10本くらいは採れるかな…?

実は、きゅうりの最適温度は25度前後だそうで、夏の盛りは成長が止まってしまうそうです。秋口に向けてこの子達がどういった成長を見せてくれるのか楽しみです。

 

2.種取り

ここからは種取りの様子を書いていきます。

こちらがこれまで熟成させた親きゅうりです。

f:id:yamabuki61gou:20210821225724j:image

一思いに収穫します。

表面はベタベタしていて、両端を手で持って曲げようとすると柔軟性のある感触を感じられます。
f:id:yamabuki61gou:20210821225730j:image

大きさは大体35センチほど。お化け並みですね。
f:id:yamabuki61gou:20210821225749j:image

※ここで私がやってしまった失敗です。本来であれば、収穫後1週間程度放置して追熟させるそうです。追熟させることにより、種に栄養が移行して充実した種が増えます。

私は愚かにも収穫してすぐ切断してしまいました。
f:id:yamabuki61gou:20210821225720j:image

ぱかっ!っと開くと、こんな感じです。実の下の方はしっかり種ができていますが、上の方は未熟そうですね…。
f:id:yamabuki61gou:20210821225740j:image

手に取るとこんな感じです。
f:id:yamabuki61gou:20210821225743j:image

小さじを使ってくり抜きます。楽しいです。
f:id:yamabuki61gou:20210821225733j:image
f:id:yamabuki61gou:20210821225727j:image
f:id:yamabuki61gou:20210821225737j:image

ネギマを取るとこんな感触なんでしょうか?

下部は身離れが良く、いい種が取れました。
f:id:yamabuki61gou:20210821225746j:image

 

3.洗浄、選別

続いて洗浄と選別を行います。

先程の種はゼリー質の物体に包まれているため、水洗いをして落とします。

f:id:yamabuki61gou:20210822095943j:image

f:id:yamabuki61gou:20210822095950j:image

皿を使ってゼリーを削っていきます。それと同時に、選別も行います。

水に浮いているのは不良な種です。捨てましょう。
f:id:yamabuki61gou:20210822101138j:image

沈んだ種を集めたのがこちらになります。

大隊、20粒ほどでしょうか?
f:id:yamabuki61gou:20210822095946j:image

選別した種を乾燥させて作業完了になります。
f:id:yamabuki61gou:20210822095956j:image

乾燥が完了したら、袋等に入れて冷蔵保存しましょう。

 

以上で作業完了になります。

少し芳しくない結果だったので、もう一つ種取りしようと思います。

 

それでは本日もありがとうございました!

 

プライバシーポリシー お問い合わせ