山吹日記

趣味や日々の生活をまとめていきます。

MENU

わたしとインターネット

はてなインターネット文学賞「わたしとインターネット」

 

こんばんは。

今回はこのテーマについて書いていこうと思います!

 

 

突然ですが、読者の皆さんはいつ頃からインターネットに触れ始めましたか?

 

1990年代半ばに産まれた私は、小学校高学年の時に実家のPCで初めてインターネットにアクセスしました。

当時は何をするでもなく、ただ親が検索するのを眺めるだけでしたが、調べたいものがすぐにわかると言うのは大変便利なものだなぁと感じていました。

中学生になり、携帯電話を持つ様になると本格的にインターネットに触れる様になりました。

しかし、携帯からアクセスすると非常に高額な請求が来るため、親には迷惑をかけたと思っています。この頃に、チェーンメールや迷惑メールなどで世界とつながる怖さを学んだと記憶しています。

高校生になりスマートフォンを手にすると、ネットが使い放題になりある程度の知識を身につけると無限の世界が広がっていました。まるで泳ぎ方を覚えたかの様でした。

知りたいことをすぐ検索できて、新しい知識を無限に得ることができる。

動物や植物に興味を持ち始めたのもこの頃です。スマートフォンが普及してからは図鑑を持ち歩く必要がなくなりました。

道端に咲いている花や雑草を検索すれば、これまでとは違った世界が広がっています。

f:id:yamabuki61gou:20210721210604j:image

ただの緑の背景だった植物が、名前を覚えることで個別の生命としての主張をしてくる様になる。

改めて、インターネットとは便利なものだと改めて感じました。

 

インターネットとは便利さの裏に危険性も孕んでいます。

私は、子供ができたら中学生になり、家庭内の教育を実施した上でスマートフォン等の媒体を与えようと考えています。

娯楽にも学習にも使える魔法の様なアイテム。

皆さんはどのタイミングでお子さんに与えるのが良いとお考えでしょうか?

コメントで教えていただけると嬉しいです。

 

それでは、本日もご覧いただきありがとうございました!

 

 

 

プライバシーポリシー お問い合わせ